平松 大佑(ひらまつ・だいすけ)

1977年11月生まれ

[経歴]

十文字短大付属幼稚園、朝霞市立朝霞第五小学校、新座市立東北小学校、
新座市立第二中学校、埼玉県立浦和西高校を経て、東海大学政治経済学部卒業。

埼玉県議会議員吉田よしのりの秘書を経て、
平成16年2月、3228票を頂き、新座市議会議員に初当選。
平成20年、3770票を頂きトップ当選。市議会会派代表、文教経済常任委員長、建設経済常任委員長を務める。
平成24年7月、新座市長選挙に立候補するも落選。

市長選落選後は政治とは無縁の都内民間企業で経験を積む。
新規事業の開発責任者、部長職などを務める。

小学校の卒業文集に「ぼくは将来政治家になりたいです。そして悪いことをしている政治家をこらしめて悪い政治家がわいろとしてもらった金を全国の人に分けてあげたいです。」と書く。

[心がけていること]

・巧詐は拙誠に如かず(巧みに偽り人を欺こうとしても、つたなくとも誠意を示すことにはかなわない)
・君子は和して同ぜず(優れた人間は調和をしながらも、主体性を失わず、安易に同調しない。)

 

生い立ち思い出

 

幼少期

昭和52年11月18日生まれ
両親は山口県の出身。血液型はB型。家族が増えたタイミングなどで多くの引越をしました。

千葉県船橋市、佐倉市、志木市本町と引っ越しました。
幼稚園のときに新座市野火止3丁目に越してきました。
十文字女子短期大学付属幼稚園入園

youshouki

小学生~中学生時代

朝霞市立第五小学校入学
1年から3年まで。 また新座市に戻る。今度は東北二丁目です。
新座市立東北小学校に転校、小学校時代のあだ名はひらめ。平松だといいにくいという理由?で。みんなで遅くまでよく遊んでいました。

新座市立第二中学校入学。
部活はバドミントン部、その後卓球部。安全委員会の委員長として生徒会活動も頑張りました。

shougakusei

高校生時代

埼玉県立浦和西高校入学。
部活は山岳部。持久力や忍耐力が鍛えられました。

浦和西高校は自主自立という校風でした。制服もなく、自由な校風のなかで将来のことを考えました。

uranishi

山岳部でのエピソード

冬山への登山が一番印章深く残っています。
座って休めば、その座った形のままズボンが凍りました。輪かんじきと呼ばれるものを履いて歩いても、2メートル近く積もっている雪の中に埋まってしまい、一人では上がれないということが何度もありました。
吹雪く中、ひたすら歩きました。また別の登山では赤い虫がぴょんぴょんと泳いでいるような池の水を沸かして飲んだり、夏山では一週間ぐらい風呂にも入らずひたすら縦走したのもよい思い出です。
このころから環境問題に強い関心が出てきました。

sanngakubu

大学生時代

東海大学政治経済学部政治学科入学。
専攻が興味のある分野だったので勉強をしました。
大学の近くに一人暮らしをしていたので生活費を稼ぐため週5、6日のアルバイトをしていました。

また時間の取れる限り選挙ボランティア、政治家の事務所でボランティアをしました。
さらに友達と学生団体(現NPO法人)を立ち上げ、政治と若者を結びつけるイベントを定期的に実施しました。
友人と遊び、語りあい、充実した大学生活を送りました。
gakusei

大学時代のエピソード

大学時代は神奈川の秦野市というところで一人暮らしをしていました。
周りを丹沢の山々に囲まれた盆地です。
夏の暑さがエアコンの付いていない家に住んでいた私には少々辛かったですが、少し行けば海に出られ、緑も多く、とても恵まれた環境でした。
生活費をアルバイトで稼ぎ、その一方、政治家の事務所で政策立案、一般質問の作成、陳情処理など秘書業務、選挙の手伝い、また友人たちと学生団体を立ち上げたりと一日一日をフルに使っていました。お金はありませんでしたがさまざまな経験ができ、人間として成長できたとても有意義な大学時代でした。

daigakujidai

議員秘書時代

埼玉県議会議員吉田よしのりの秘書となる。
ハードな仕事でしたが、充実していました。
政策のことなど毎日が勉強でした。

hishojidai