次世代に誇れる新しい新座を!

 徹底した子育て支援の実現!

    • ・議会では子育て支援に力を入れてきました。切れ目のない子育て支援「埼玉版ネウボラ」を推進します。
    • ・深刻な問題である保育園の待機児童解消に取り組みます。

 

教育日本一の新座市に!

    • ・どんな状況にある子どもにも、その未来に等しくチャンスがあるべきです。子どもの貧困対策、深刻ないじめ対策、不登校の問題に取り組みます。
    • ・AI、IoT時代を生き抜くSTEM教育、基礎学力のアップを推進していきます。
    • ・教員の質のアップに取り組みます。

 

新座をもっと元気に!

    • ・地元経済団体の一員として現状を知り、解決に取り組んだ経験を活かし、中小・零細企業への支援を行います。
    • ・企業誘致、ベンチャー支援を行い雇用拡大を図ります。
    • ・新座市の特長でもある都市農業の振興に取り組みます。

 

持続可能な脱原発社会に!

    • ・環境問題は人類にとって最大の安全保障問題です。脱原発社会を目指し、再生可能エネルギーの推進を図ります。
    • ・生態系の保護、緑地保全、緑地再生に取り組みます。

 

誰もが活躍できる未来に!

    • ・地域福祉推進協議会委員の経験も生かし、幸せな長寿社会、共生社会を実現するため、「支えあいを支える」仕組みを作ります。
    • ・介護予防、認知症予防の取組の充実を図ります。
    • ・インクルーシブ教育に取り組みます。
    • ・虐待防止の取組を進めます。
    • ・生活保護脱却のための支援を行います。

 

安全安心の都市基盤を作る!

    • ・歩くのに危険な県道の歩道整備、拡幅に取り組みます。
    • ・地下鉄12号線の延伸に取り組みます。

 

安全安心のまちを作る!

    • ・市民の生命財産を守るため、平成17年より消防団員として火災、水害の現場に出動してきました。消防団員として活動しているからこそわかることがあります。恒常化するゲリラ豪雨等による水害対策に取り組みます。また、大地震など大規模災害対策に取り組みます。
    • ・警察官一人あたりの人口負担はワースト1位です。警察官の増員に取り組みます。
    • ・防犯カメラの拡充、街路灯の増設に取り組みます。
    • ・自転車専用レーンの整備を進めます。

 

次世代にツケを残さない!

    • ・30年度末の県債残高は約3兆8395億円。県庁を優れた経営体に変えツケを残しません。
    • ・NPO・企業・地元金融機関・大学との連携強化を図ります。
    • ・積極的な民間人材の登用、そして実効性のある人材育成を行ない、民間に匹敵する経営体に変えていきます。

 

信頼できない議会を変える!

  • ・身近な市議会、テレビ等で報道される国会と違い、県議会は何をやっているのか見えてきません。市民感覚からかけ離れた政治、信頼できない県議会を変えます。
  • ・議会活性化、定数の削減、政務活動費領収書のインターネット公開に取り組みます。